デパートで初めての展示開催となり、いつも会場としていた画廊やギャラリーと雰囲気が違い不安ばかりでした。でもデパートならではの良さがあり、まったく知らない大勢の方々に毎日見ていただけたのは私の貴重な体験となりました。
一番嬉しかったことは、全く知らない方が私の作品を見て今回の作品集の本を買って下さったこと。お客様の方から「サインしてください」と言われて買ってくださいました。作者としたらこれ以上にない嬉しいお話ですよねえ。全く知らない方々に作品見てからサインを求められたことは「自分が認められたのかしら」と思い、大変だった創作活動でしたが、その苦労も吹き飛ぶほどの至福のひとときでした。
もう一つはペーパークイリングの作品で、作品をジ〜ッと長い時間かけて見て下さっていたことです。多くの方々に見ていただけた楽しい作品展となり、毎日の疲れを忘れさせてくださいました。
大成功で終わった作品展でしたが、実のところ最初は大変でした。今回初めてデパートの催事場での展示会開催となり、デパート側と私達協会側は不安な気持ちから始まりました。デパートとしては「ラッピングって、一体何を展示するのだろう?」と、そして私達展示する側は「デパート催事場での展示は初めてだから、上手くみなさんに見ていただけるか?」とお互いに不安が一杯でした。そして開催当日、お互いの不安を抱えてスタートとなりましたがデパートの方々から「私たちが思っているラッピングと違って、こんな包みもあるのですね。素敵ですねえ大勢の方々が見ていましたね」と話され、私たちはホッとしていました。また当初デパートからは「作品展開催ではお客様を3,000名集客してください」と言われていて不安でしたが、これまたビックリ。最初の3日間でクリアーできました。6日間の開催で恐らく5,000名以上の方々が見て下さったと思います。
今回は単なる作品展ではなく、一日一回だけですが無料体験講習も実施しました。一日一回で20名の体験参加の予定でしたが、超人気で20名をはるかに超えて35名・40名と大人気の参加状況でした。事前に準備していた材料は倍以上も必要となるし、席が足りず立ち見者が出るほどでした。
沢山の方々に作品を見ていただき、また体験されることで「ラッピング・ペーパークイリングの世界」を知っていただけて本当に良かったです。